挙式のみプランがおすすめな軽井沢の結婚式場

このページでは、軽井沢の式場のうち「挙式のみプラン」を扱っている式場を調査してみた結果を紹介しています。

軽井沢で「挙式のみ」の結婚式を挙げるなら

軽井沢にある結婚式場の「挙式のみプラン」

軽井沢にある結婚式場の中でも、披露宴を行なわない「挙式のみ」のプランがある式場を探してみました。

結婚式と言えば「挙式+披露宴」と思う方も少なくありませんが、近ごろは挙式のみを行なう新郎新婦も増えています。挙式のみを希望する人の理由はさまざま。例えば、「親しい人だけを集めてアットホームな式をしたい」「費用を抑えたい」「授かり婚や子どもがいるため長時間の披露宴は負担」などです。

そういったニーズに応えて、結婚式場側でも挙式のみプランを扱うことが増えてきています。

ここでは3つの結婚式場の「挙式のみプラン」を紹介します。ぜひ、素敵な式を挙げて夫婦の思い出を作ってくださいね。

軽井沢ニューアートウエディング

森のチャペルで2人だけの幸せな挙式を
軽井沢ニューアートウエディングのキャプチャ画像
画像参照元:軽井沢ニューアートウエディング公式サイト:
http://newartwedding.jp/plan/spacial2/

公式サイトで見てみる
特徴 2015年の初夏にオープンした新しい「風通る白樺と苔の森チャペル」は全面がガラス張りになっているため、鳥のさえずりや木々の間から降り注ぐ木漏れ日、足元の苔の緑といった豊かな自然と共に式を挙げることができます。内と外と言った概念を覆す造りの教会は、チャペルというよりも聖域に近い美しさ。神々しい雰囲気さえ感じる教会で誓う愛はとても清純で深いものになるでしょう。
挙式プランは新郎新婦2人きりから40名ほどまで招いて式を挙げることができます。40名まで招いても基本の費用は55万円から変わりません。具体的な式の内容をプランナーへ相談し、最終的な費用が決まります。どんな式を挙げたいのかイメージを固めて相談してみてくださいね。
挙式プランに含まれているのは、挙式料・施設利用料・タキシードとドレス・リングピロー・ブーケ・ブートニアといった一般的なものから、羽ペンのような独自のものまでと豊富です。また、オプションで会食を追加できます。披露宴とまではいかないけれど、挙式だけではちょっと寂しいと感じる方はオプションも視野に入れてみてくださいね。
自然とアートに囲まれた式場では、世界に一つだけの結婚式を挙げることができるでしょう。
挙式のみプラン 挙式プラン:基本料金2名55万円~
※20名、30名、40名の場合も同料金
(対象期間:2017年3月31日の挙式まで。それ以外は要相談)
アクセス しなの鉄道軽井沢駅から徒歩8分
※軽井沢駅間の有料送迎バス有 (要予約)

ヴィラ・デ・マリアージュ 軽井澤

南欧の雰囲気の中自然に囲まれた2人の式を
ヴィラ・デ・マリアージュ 軽井澤のキャプチャ画像
画像参照元:ヴィラ・デ・マリアージュ 軽井澤:
http://villasdesmariages-karuizawa.com/plan/?bcd=

公式サイトで見てみる
特徴 モンテマリアージュ教会の誓いの場の前面は大きなガラス張り。その向こう側には季節によって色を変える木立がならび、新郎新婦2人の門出を見守ってくれているよう。陽が射すとチャペルの中にキラキラと照らし息をのむような美しい輝きが生まれます。花嫁の美しさもいっそう増すことでしょう。式の最中には歌や楽器の演奏が流れ、素敵な空間を作り上げてくれます。全体的に甘い雰囲気のチャペルなので、可愛らしくアットホームな式を挙げたい新郎新婦に合った式場です。
チャペルには個室が付いており、子どもが泣いてしまったときなどに利用できます。個室からも挙式の様子が見える作りなのは参列者にとっても子連れ婚の新郎新婦にとっても嬉しいポイントですね。
挙式のみプランは新郎新婦の2人だけでも、親族紹介式でもOK。同チャペルを使った10名以上の式の場合は別プランとなり会食が付きます。
挙式のみプランの基本費用には挙式料・ドレス・タキシード・牧師・ブーケ・ブートニアなどが含まれています。他にはオルガンやフルート奏者、結婚証明書といったものもあり、挙式プランだけで満足いく結婚式が挙げられることでしょう。
挙式のみプラン 挙式プラン:基本料金37万8千円
アクセス JR長野新幹線軽井沢駅から車で5分
上信越自動車道碓氷軽井沢ICから車で25分

軽井沢白樺高原教会

軽井沢の自然に囲まれた古風なチャペル
軽井沢白樺高原教会のキャプチャ画像
画像参照元:軽井沢白樺高原教会公式サイト:
https://www.hgp.co.jp/wedding/karuizawa/

公式サイトで見てみる
特徴 軽井沢の自然に囲まれた30年以上の歴史を持つ古風なチャペルで挙式ができます。季節によりいろいろな顔を見せる白樺の木と共にあるチャペルが、これから長い時間を共に過ごす新郎新婦の2人を温かく迎えてくれますよ。木目調のシックな内装には厳かな雰囲気があり、軽井沢の異国情緒をあらわしているかのようです。
軽井沢白樺高原教会は犬好きの方からも高評価。チャペルは自然に囲まれているため、愛犬を連れて行ってもOK。チャペルの中に入れませんが、外で行なうセレモニーでは一緒に過ごすことが可能です。また、挙式プランには白馬車での周遊が含まれています。オーソドックスな作りの教会と馬車という、物語の中にいるようなロケーションが味わえますよ。ちなみに白馬の名前は「かげまるくん」だそうです。
挙式プランには結婚式を挙げるための費用がほぼ含まれています。キャンドルセレモニーを希望する場合は別途追加料金がかかりますが、50名まで価格変動ナシなのは嬉しいですね。時を重ねてきた軽井沢の雰囲気を存分に味わえるチャペルで幸せな結婚式を挙げてみませんか。
挙式のみプラン 挙式プラン:22万円
※50名まで価格変動なし
※追加オプションでキャンドルセレモニーあり
※特典で宿泊と白馬車周遊あり
アクセス 上信越自動車道碓氷・軽井沢I.Cから車で40分
JR長野新幹線 軽井沢駅から無料送迎バス で約40分

費用

披露宴を行なわない「挙式のみプラン」の一般的な費用相場を調べてみました。

長野県で挙式のみプランを行なっている結婚式場10社の相場は、一番安いプランで22万円、高いものは49万8千円でした。

安いプランの場合、ゲストの人数によって追加料金が発生したり「●名までは価格変動なし」となっていたりします。

高いものは10名から30名の間で始めからゲストの人数が想定されているプランが多くありました。

どのプランも、基本的な挙式に必要なドレスやタキシード、ヘアメイクなどは含まれているのがほとんど。挙式のみの結婚式を挙げる場合は、費用よりもチャペル・神殿の好みやアクセスなどプラン以外の部分で比較するのが良さそうです。

メリット・デメリット

挙式のみの結婚式を挙げるメリットとデメリットについてまとめてみました。

挙式のみのメリット

  • 費用を抑えられる
  • 2人の好みの式ができる
  • 披露宴をする結婚式に比べて準備が楽
  • 大勢の人の前に出なくていい

挙式のみのプランを選択する新郎新婦の場合、ゲストの人数も少ない傾向にあります。また、ゲストを呼ばずに2人だけで式を挙げることも。人数を絞ることにより、費用や対外的な対応、事前の準備、そして大勢の人前に立つプレッシャーといったデメリットを克服できます。

挙式のみのデメリット

  • オプションで予算オーバーしてしまうことも
  • 改めて結婚を周りに伝える手間がかかる

あれこれとオプションを付けたことで、予算オーバーしてしまったという方も少なくありません。また、披露宴を行なわないので、勤め先やお世話になった人へ改めて結婚の報告をする手間がかかってしまった…という声もあり、新郎新婦の立場や地位によっては披露宴をした方が良いケースもあるかもしれませんね。

挙式のみのプランはドレスやタキシードを着て誓いの言葉を交わすだけと思われがちですが、「結婚したんだ」という実感は充分に得られます。人生の一大イベントとなるので、新郎新婦でよく話し合って式の内容を決めましょう。

絶対見ておくべき!軽井沢の結婚式場2選