結婚式場の予約を取るタイミング

結婚式シーズンのオンとオフを把握しておこう!

結婚式をいつ行うかを決めることは大変です。それは、大安吉日や連休など、人気のある日は早い段階で予約が埋まってしまいます。

計画的に結婚式の準備を始める時に役立つ、結婚式場の特徴や状況を四季別で見てみましょう。

春【4月中旬ごろ】

軽井沢で結婚式を挙げるのに一番人気な時期は5月~初夏にかけてです。5月中旬~6月にかけて鮮やかで一番美しい季節でオンシーズンといえるでしょう。

軽井沢で挙げる結婚式では5月~初夏にかけて一番人気といえます。ゴールデンウィークや週末など、休みが続く日はついでにプチ旅行もできるので人気が高いです。観光客も多く訪れる時期なので、ホテルに泊まるなら早めの手配が必要になります。1年以上前に結婚式場やホテルは予約しておくと良いでしょう。

夏【7月ごろ】

軽井沢の夏は都会よりも涼しく快適に過ごすことができます。

夏休みがあり、家族で旅行がてら来やすくなるので7月下旬から8月、特に気温的にも過ごしやすい夕方頃は予約が埋まりやすいです。春に続き人気がある季節なので、予約は1年以上前に取っておくと良いでしょう。

秋【9月ごろ】

軽井沢では9月からコスモスが咲き、秋らしい季節になり、10月中旬ごろから紅葉が見られます。朝・日中・夕方の気温差は激しいですが、日中は比較的過ごしやすく人気のある時間帯です。また、この時期は秋模様の中で行われるガーデンパーティも人気です。春や夏の緑がたくさんある時期ほどではありませんが、人気の結婚式場を選んだ場合すぐに予約が埋まるので早めに押さえておいた方が良いでしょう。

冬【11月ごろ】

軽井沢の冬は11月頃からて寒くなり、1月、2月には-0℃以下になる日もあります。オフシーズンで寒さもあり、この時期に結婚式を挙げる方は少なくなります。そのため1日に結婚式を挙げる組数が減り、プライベート感を味わうことができるのです。また、晴天率は高いので冬のチャペルも明るく日が差し込みます。

一番気を付けることは寒さでしょう。軽井沢の冬はとても寒いですが、式・披露宴を室内で行うなら、移動時の少しの距離を耐えるだけです。厚手のコートなど防寒対策できる服を持っていれば問題ありません。移動距離は遠いものではないですが、なるべく移動を省きたい方は宴内人前式がおすすめです。

結婚式場の予約はいつからがベスト?

シーズンオンやオフの時期がある中でどのように結婚式場の予約を取れば良いのでしょうか。ここで結婚式場の予約をいつ行うべきか見てみましょう。

希望の式場で挙げたいなら1年前から準備するべし!

人気のある結婚式場になると、予定日の1年前からでも予約をしているカップルもいます。大安や連休など、結婚式を挙げやすい時期になるとさらに予約が難しくなるでしょう。

最近は大安や仏滅などの六曜をあまり気にせずに記念日や季節などを優先して考えるカップルも増えています。

しかし、二人の都合だけで決めてしまうと、六曜を気にしている親族がいた場合に後から愚痴を言われてしまう可能性もあるので、両親や祖父母など年配の方には前もって相談しておく方が良いかもしれません。

結婚式の予約を1年前から行うと希望の日時に予定を入れることができ、準備する時間もたくさん取れるので良いです。注意することは、結婚式までの期間が長いため、気分が乗らなくなったりすることもあります。実際は式の3~4ヶ月前頃から本格的な準備が始まるので、その間は下見や準備などを気長にしていくと良いでしょう。

遅くても半年前には予約しておいたほうが◎

結婚式場から探し始める場合は、ブライダルフェアなどを見に行く方も多くいると思います。どのような結婚式場を選ぶのが良いのか分からず、本当に1から探し始める場合は時間がかかってしまいます。

たくさんの会場を見れば見るほど悩むことも多くなります。式のおおよその日程を決めた後に結婚式場を探すと、予約するのが遅れて希望する日に決めることができない可能性もあります。

余裕をもって決めることは大切ですが、遅くても半年前までには予約できるように準備しておきましょう。先ほども言いましたが、式の本格的な準備は3~4ヶ月前なので、少し余裕をもって日程を予約することでドレスやプランなどをゆっくり決めることができます。

6ヶ月前から準備をしてちょうどいいというカップルもいれば、時間が足りなかったというカップルもいるので、しっかりと前準備と計画を立てて、後悔しないようにすることが大切です。

何事も余裕を持って進めることが大切

一生の思い出に残る結婚式となると、やはり後悔はしたくないものです。しっかりと準備するなら、ギリギリではなく余裕をもって進めていくといいでしょう。

前もってスケジュールを立てるなら下記を参考にしてみてください。

【1年~7ヶ月前までにすること】

  • 両家の親に挨拶
  • 婚約指輪を買う
  • 顔合わせ、結納、食事会を行う
  • 結婚式のイメージ、スタイルを決める(洋婚、和婚など)

【6ヶ月前までにすること】

  • 結婚式場を決める

【5ヶ月前までにすること】

  • 職場、友人に結婚報告をする
  • ブライダルエステを申し込む
  • ゲストのリストアップ
  • 前撮り、ロケーション撮影を検討

【4ヵ月前までにすること】

  • ドレス、衣装の試着、決定
  • 招待状やウェルカムボードなど、手作りで用意する物の準備
  • ヘアメイクを考える

【3ヶ月前までにすること】

  • ゲストに招待状を贈る
  • ペーパーアイテムを決める
  • 当日のプログラムを決める

【2ヶ月前までにすること】

  • 結婚指輪を買う
  • 引き出物、率い菓子を用意する
  • 二次会会場を決める
  • ハネムーンを検討、予約

【1ヶ月前までにすること】

  • ゲストへの謝礼を準備する
  • ヘアメイクリハーサルをし、決定する

【1週間前までにすること】

  • 手紙、謝辞を準備する
  • ブライダルネイル
  • 最終打ち合わせ、必要なものを搬入

このように大まかにでもスケジュールを考えておくと、頭がパニックになることはありません。上記はあくまで参考にして、パートナーやプランナーと話合いながらスケジュールを決めていくと良いでしょう。

絶対見ておくべき!軽井沢の結婚式場2選