意外なところでかかる費用をチェック!

このページでは「軽井沢で行う結婚式の費用相場」「軽井沢ならではの経費」についてご紹介しています。

軽井沢で行う結婚式の費用相場

緑が多く、特別な雰囲気を持つ軽井沢は別荘地として人気の地ですが、結婚式を挙げる場としても人気があります。

とはいえ、都心から離れたロケーションであるため、親族を中心に、親しい間柄の人だけを招くウェディングをするカップルが多いようです。

そんな軽井沢で行う結婚式の費用相場をみてみましょう。

【軽井沢ウェディングの平均費用】

約200万円
(※ゲスト30人程度の場合。挙式・披露宴の費用+全員の交通費と宿泊代を含む)

約200万円のうちの多くは、ゲストの交通費や宿泊代。都心から離れた場所であるため、ゲストへの配慮を怠るわけにはいきません。

一般的な結婚式の費用の内訳

結婚式を挙げる際に一体どこにいくらかかっているのか、費用の内訳を調べてみました。

挙式代

挙式代は全国平均で31.5万円です。平日か土・日・祝、時間帯、またオンシーズンかオフシーズン、大安などのお日柄によって費用は変わります。契約する時期や式場のプランによっても費用に差が出てきますし、期間・季節限定のキャンペーンなどお得な割引プランを企画している式場もあります。このようなことを参考にして式場を選ぶと良いと思います。

料理

ウエディングケーキ、デザート、ドリンクなど飲食全ての費用は平均で一人当たり首都圏が18,700円、関西圏では18,400円です。料理だけであれば14,000円~15,000円になるようです。料理の価格は会場のランク・食材・品数により差があります。高級ホテルで高級食材を使った料理であれば最低でも20,000円かかりますし、公共の式場を利用すると価格は8,000円程度に抑えられます。 せっかくの晴れの日です。おもてなしに重要な料理でゲストに満足していただくためには、ブライダルフェアや試食会で実際に料理の味と質を確認して選ぶのが良いでしょうね。

衣装代

憧れのウエディングドレスのレンタル料も気になりますね。約60%のカップルが20万円以上、約18%が30万円以上をドレスにかけています。これに新郎のタキシード代もプラスしなければいけません。タキシードのレンタル料はドレスの約3分の1ですが、それでも合計すると決して安くはない金額になります。
衣装は、結婚式場で借りる場合と、ほかの業者から借りる場合があります。式場で借りると、式当日に着て終わると返せば良いので管理が楽です。ほかの業者の衣装を持ち込む場合は持ち込み料が必要になることもあるので、確認することが大切ですね。

引き出物

こだわって選びたいのがゲストに贈る引き出物。贈る相手によって、品物を選び分ける場合もあるので、相手別の引き出物の相場を調べてみました。
親族は7,000円~12,000円、友人・同僚は3,000円~7,000円、職場の上司は5,000円~10,000円が相場のようです。
親族・上司には今後も末長くお世話になるし、親族や上司からいただくお祝儀は友人たちからよりは高額の場合が多いので、引き出物は高額のものを選ぶのでしょうね。

写真

一生の思い出になる結婚式は素敵な画像・映像にして残しておきたいですね。
写真撮影の依頼は、式場カメラマン(82%)、外部のプロカメラマン(10.6%)、友人(6.7%)の順になっています。式場カメラマンの場合は、撮影料が挙式費用にセットとして入っている上に、カメラマンも要領がわかっているので、任せて安心!なところがあります。
外部カメラマンの撮影料は、15万円~20万円が約20.9%、5万円~10万円が約20.5%、10万円~15万円が約20.0%、5万円未満が約8.5%となっています。写真枚数が多くなると値段も上がります。

装飾代

テーブルフラワーやブーケなどの装花代も、安くはありません。メインテーブルのお花代が約70,000円、ゲストテーブル1卓が5,000円~30,000円くらいかかります。花嫁のブーケも30,000円前後が相場のようです。
お花はこだわろうと思えばこだわるほど高くなりますが、逆に予算を決めて好みの花や色を指定しても、ある程度満足のいくできあがりにはなるようです。

招待する人数にもよりますが、だいたいこの金額を目安に考えれば良いのでしょうね。思い出に残る結婚式が挙げられるように、軽井沢の式場のプランや料理、費用をじっくり比較検討して決めたいと思います。

忘れないで!軽井沢ウェディングならではの経費

軽井沢ウェディングに必要な費用は、挙式・披露宴の費用や、交通費と宿泊代だけで大丈夫と考えがちですが、上記には含まれない費用が他にもあります。それは「お車代」です。

「え?ゲストの交通費は平均費用に含まれているんじゃないの?」と考えるかもしれません。しかし、交通費とは、あくまで都心から新幹線の駅までの費用です。そこから会場までの交通費は含まれていないのです。

式場の多くは駅から無料のシャトルバスを運行していますが、この運行時間が実際の式の開始時間とぴったりリンクしている、とは限りません。シャトルバスに合わせると早く着きすぎてしまったり、式に間に合わなかったりしてしまいます。

たまに起こることならまだ良いのですが、実は、このシャトルバスの時間と式の開始時間が合わないということは、頻繁に起こるようです。結果、困ったゲストはタクシーを利用することになり、駅と会場が離れている場合、それなりの運賃を払わされることになってしまいます。
そうなってしまっては、せっかくおもてなしをしたいと呼んだゲストに迷惑をかけるばかりか「気のつかえない夫婦」という、あらぬイメージまで抱かせかねないのです。

ですから、あらかじめこちらでタクシーを手配しておいたり、駅から近い会場を選んだりといった配慮をしておいた方が良いでしょう。せっかくですから、皆から祝福されるウェディングにしたいですね!

ご祝儀の相場は?

結婚式の費用を考える際、ご祝儀の額に関しても把握しておいた方がいいですよ。

では、気になるご祝儀の相場です。

友人、同僚の場合は1位が3万円、2位2万円、3位1万円となっており、親族は1位が5万円、2位2万円、3位10万円となっています。

軽井沢などのリゾート地で挙式をする場合には、わざわざゲストに足を運んでもらうことになるので交通費がかかります。特に遠くのかたは往復の飛行機代など、結構負担になります。そんな時は、私たち新郎新婦が交通費を負担しない代わりにご祝儀はいただかないというケースもOKのようです。ゲストのかたも出席していただくことが私たちへのお祝いの気持ちになるので、遠慮なく旅行を楽しむ気持ちで手ぶらで来ていただきたいと思います。

軽井沢ウェディングをシミュレーション

結婚式の費用がどれくらいかかるのか、どれくらいの予算を見積もったらよいのかは、どんなゲストを招待してどんな結婚式にするかで費用は大きく変わってきます。例えば親族中心ならアットホームな雰囲気になりますし、友人中心ならばカジュアルでおしゃれな雰囲気になるでしょう。

こちらでは親族のみを招待した場合と、親族と友人を招待した場合の2パターンで費用のシミュレーションを紹介します。

親族のみを招待するケースの場合

親族で20名を招待した場合の費用をシミュレーションしてみましょう。

都心から軽井沢までチャーターバスで移動し、挙式後に宿泊をする場合で考えてみます。

親族のみを招待する場合の費用

ゲストが親族のみで20名ほどの場合、結婚式の費用は約200万円。費用の内訳は挙式・披露宴の費用と出席者全員の交通費・宿泊代です。

移動にはチャーターバスが便利

チャーターバスの費用は都心から軽井沢までで片道6万円、往復で12万円ほどです。

都心から軽井沢までの距離は約200km。車での移動時間は高速道路を利用して約3時間です。

遠方での結婚式に親族のみを招待する場合は、移動を各自にお任せするよりもチャーターバスを手配するほうがお得でスムーズな移動ができます。都心と軽井沢間の場合は車で向かうと3時間はかかる距離。親族がそれぞれ車を出して向かうとなると、結婚式に間に合わない可能性も出てきます。親族は住んでいる地域があまり離れていないことが多いので、チャーターバスに乗り合わせて向かうと待ち合わせや移動に便利です。大きめのチャーターバスの場合は荷物も載せられるので、ゆったりと軽井沢までの道のりを堪能できます。

ホテルやプランによって差が出る宿泊費

宿泊費用はホテルやルームプランによって差があり、約2~3万円が相場となっているようです。宿泊費用を新郎新婦側が負担する場合、ゲストが負担する場合、新郎新婦とゲストで折半する場合があります。

宿泊の滞在期間は土・日を含めた1~2泊が一般的。例えば金曜日に挙式をして土・日を自由時間にあてるか、土曜日に挙式をして日曜日を自由時間にするかという滞在パターンがあります。

挙式後にはゆったりと軽井沢を満喫するのもアリ

新郎新婦はリハーサルがあるので、前日から軽井沢に滞在して打ち合わせなどを終わらせると良いでしょう。リハーサルには半日弱かかると見積もってください。挙式後にはゲストに宿泊してもらい、ゆったりとした時間を楽しんだり、一緒に軽井沢観光を楽しむのも良いですね。

結婚式費用 約2,000,000円
移動費(チャーターバス)
東京~軽井沢
(片道)約60,000円
(往復)約120,000円
移動距離 約200km
宿泊費 約20,000~30,000円(20名分)

親族と友人を招待するケースの場合

こちらでは親族と友人合わせて50名を招待した際の費用を紹介します。

親族と友人で 50名を招待し、移動は新幹線、宿泊はせずに二次会を行う場合で考えてみましょう。

親族と友人合わせて50名を招待する場合の費用

親族と友人を招待して行うケースの結婚式費用の相場は、ゲストが50名の場合約200~300万円。これはあくまで相場なので、結婚式場やプランによって費用を抑えることができます。

親族と友人を招待するならチャーターバスより新幹線

新幹線での移動費は都心から軽井沢まで片道で指定席5,910円、往復で約1万2千円になります。

親族と友人を招待する結婚式の場合は新幹線での移動おすすめ。友人は住んでいる場所がバラバラで離れている場合が多いので、チャーターバスを使うよりも新幹線で移動するほうが親族と友人それぞれで手配がしやすいからです。

移動費はできるだけ全額負担

友人を呼ぶ場合で悩みがちなのが移動費とご祝儀の兼ね合いです。友人は親族に比べて別の地域に住んでいる場合が多く、もしかしたら飛行機を使って現地に来る友人もいるかもしれません。遠方の友人を招待する場合はどのように現地に来るのかあらかじめ確認しておきましょう。

ゲストの移動費は基本的に新郎新婦の全額負担か、ゲストと半額で負担することが多いようです。ご祝儀はゲストからのお祝いの気持ちなのでいただいても問題ありません。

お車代を誰にいつ渡してもらうか

お車代を渡すタイミングは受付時や式の最中、お開きの時などさまざまです。できれば新郎新婦から感謝の気持ちを述べながら渡すほうが良いのですが、当日はハードスケジュールのため、なかなか渡す機会を作れない可能性が高くなります。確実なのは受付に頼むこと。お車代のリストを作成したり封筒にフセンで名前を書いたりして、渡し間違いがないように心がけましょう。親しい友人に渡す場合は、式の最中やお開きの際に両親または身内から渡してもらうこともできます。

お車代はいかにスムーズに、スマートに渡せるかが大事なので、両親や身内と相談して、段取りをしっかり組んでおいてください。

関東圏よりお得な二次会の費用

挙式後の二次会でかかる費用の大部分は会場費です。二次会会場に支払う費用の平均金額は約30万円。都道府県別にみると首都圏が約40万円と高めなのに対し、首都圏以外では約20万円 と、地域によってかなり差があります。金額に差が出る大きな理由は「場所代」。二次会の内容がほとんど同じでも首都圏の場所代が高いため、二次会費用が上がってしまうのです。そうすると、関東圏以外のほうが同じ費用でより二次会の内容に力が入れられることになりますね。

二次会の費用は25~30万円で、一人当たり約5000円。ホテルやレストランによって料理やサービスが変わってくるので、どこにお金をかけるか新郎新婦で話し合ってみると良いでしょう。

>>軽井沢でおすすめの二次会会場はこちら

結婚式費用 約2,000,000~3,000,000円
移動費(新幹線)
東京~軽井沢
指定席:片道5,910円(50名分)
二次会費用 約250,000~300,000円
(オプションで変動あり)
絶対見ておくべき!軽井沢の結婚式場2選